投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL



小樽の旅 パ-トⅡ

 投稿者:宮崎の友より  投稿日:2007年11月13日(火)07時22分37秒 203.211.37.188
返信・引用
  10/13 夜が明けました。ホテルノルドの窓から眺める小樽の町は曇天です。
雨の予報でしたが、宮崎からの旅人の来訪に降るのを我慢してくれています。
窓からは眼下の運河が、昨夜の灯かりに映る姿とは異なる風情でまた目に
飛び込んできました。古の栄華を思わす倉庫の群れはまるで昭和の初期に
舞い戻ったような気持ちにさせてくれます。

さて今日は予約してあった、タクシ-での観光です。
まずは西に向かうこと数分、鰊御殿や水族館の先に日和山燈台を望みます。
有名な映画『喜びも悲しみも幾年月』のロケ地と聞いて驚きでした。
次は町に戻り、保存されている古い建物探訪です。建築家としては、これも
楽しみにしていた計画でした。旧日銀跡、旧郵船ビルなどゆっくり見て回りましたが
女房には、やや欠伸?かなといったところです、が、しばし待て次はおまえの好きな
ガラス工芸の店だ。

その前にお土産の買い物、驚き!回りは寿司屋だらけ、その一角のお店でズワイ蟹、
毛蟹、ホッケを買う。そして宮崎へと郵送の依頼。女房と店主の値引きの攻防、これがまた
聞いてて面白い。いずれが勝者かは解からんが、だいぶまけては頂いた。

何通りと呼ぶのでしょうか、蒸気時計を眺めて散歩しながら北一ガラスへと。
女房の買い物好きに今度は私がつらい。なんと2時間近くも、つきあわされてしまった。
ところで昼食の丼物の安くて旨いこと、かに丼、いくら丼がなんと600円。
この新鮮なネタはとても宮崎では無理だ。

さあ、いよいよこれで小樽の町とさよならです。沢山の方々にお世話になり
本当に有難うございました。まだまだ小樽のさわりしか知らず、また来たい
思いを胸に帰ります。今日は札幌に一泊し明日は宮崎です。

管理人様、写真付きのお返事有難うございました。
小樽の皆様、是非宮崎都城にもお越し下さい。ここからは30分で霧島の
温泉郷です。宮崎市へ40分。鹿児島市へ80分のところです。
観光予定のかたはこの掲示板でおしらせください。
温泉や食など地元の人しか知らない穴場などお教えいたします。
 

宮崎の友さんへ

 投稿者:わが街小樽管理人  投稿日:2007年10月21日(日)20時12分39秒 FLH1Abi245.hkd.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  ご訪問有難う御座います。宿泊が札幌ではなく小樽にされた事を知り
小樽大好き人間の私としては非常に嬉しい限りです。

栄六寿司店で食した「きんき」は東北、北海道では鯛の代わりとして
正月料理として重宝されて来ましたが、近年は漁獲量も少なく我々道民
も滅多に口にしない高級魚です。味はタツプリと脂がのった白身ですが
鯛より美味との評価もあります。価格は小型で一尾1.500位から
色々ありますが羅臼産ですと1キロ6.000~10.000位とかなり高価です。
ですから味が気に入ったのであれば、良い経験をしたのかも知れません。

今度小樽を訪問される機会がありましたら、八角なる魚を食して見て
下さい。食通が好む小樽の隠れた名物です。「きんき」よりも安価です。

小樽の旅パート2を楽しみにしております。


きんき→ 赤い宝石と呼ばれています。

http://www.otarukankou.jp

 

小樽の旅、パ-トⅠ

 投稿者:宮崎の友より  投稿日:2007年10月19日(金)11時42分12秒 203-211-54-101.btvm.ne.jp
返信・引用
  小樽の皆さん、こんにちは。遥か遠い宮崎県都城市からの書き込みです。先週の金土日の三日間、初めて北海道に行きました。夫婦負二人で水入らずの旅行です・苫小牧市を眼下に新千歳空港に着陸する時は感激しました。そこからJRで小樽築港下車。宮崎との10℃近い温度差は、肌寒い感じで驚きでした。TVでしか見たことがない裕次郎記念館を小樽観光のスタ-トとし、その後、運河を見下ろす、ホテルノルドがその日の宿でした。

今日始めて、この掲示板を知ったのですが、寿司の栄六さんのお店が紹介されているんですね。その日の夕食はまさにその栄六さんでした。キンキって魚、名前も知らなかったのですがおいしいですね。初めて食べました。でも、3000円はちょっと高かった。そこで高知の観光客4人の方と知り合い、栄六さんの紹介したスナックに行き6人でおおいに盛上りました。

やさしいママさんで栄六の店まで迎えに来てくれたのですが、店の名前を思い出せません、御免なさい。料金も一人が2500円と安くして頂き、本当に有難うございました。カラオケで小樽運河を歌いました。
こうして初めての地、小樽の夜は更けていきましたが、長くなりますのでパ-ト2で又書きます。
 

映画ラブレター(樹 男子)の走ったグランド

 投稿者:わが街小樽管理人  投稿日:2007年10月15日(月)01時02分37秒 FLH1Abi245.hkd.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  映画ラブレターで樹(男子)が足の怪我をおして、飛び入り参加し、
競技役員に注意を受けたグランドは、小樽手宮競技場で、札幌円山、
北大の競技場と共に道内でも最も古い陸上発祥の地として役割を
果たしていました。

  トラツク400M 8レーン  全天候型舗装に平成12年改修
  投てき 砲丸投げ 3基 円盤2基 やり投げ2か所
  跳躍場 走り幅跳び助走路 2レーン 走り高跳び助走路 2か所
  棒高跳び助走路 2か所
  であり第3種公認競技場です。

  開設昭和9年9月
  メインスタンド芝生席合わせて2500人収容
  の観客を収容出来る

http://www.otarukankou.jp

 

映画ラブレター(樹)の通学路

 投稿者:わが街小樽管理人  投稿日:2007年10月10日(水)01時30分35秒 FLH1Abi245.hkd.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  以前に投稿でご要望のありましたラブレターのDVD制作については
カット数が少なく、制作が実現したとしてもせいぜい10分にしかなり
ませんので今のところ予定しておりません。(わが街小樽のDVDに
挿入も考えましたが映画独特のカットもあり、観光ビデオとしては
不自然にななると考え取り止めました。)

なお意識はして居りませんでしたが、わが街小樽のHP、ビデオにも
6カ所程ラブレターと重複する箇所があります。今後は不自然にならない
程度に挿入出来ればと考えております。

映画ラブレターの主人公が自転車で通う通学路の坂道は手宮公園です。
主人公の住む住宅は見晴町(銭函)ですが映画では郵便配達人がバイクで
上って来る坂道は船見坂、小樽のガラス工芸は小樽運河工芸館、神戸の家は
寿原邸、小樽厚生病院は小樽市役所と色々ありますが、今回は、手宮公園の
画像を掲載しました。(つづく)

http://www.otarukankou.jp

 

(無題)

 投稿者:わたし  投稿日:2007年10月 9日(火)23時17分18秒 softbank219168007046.bbtec.net
返信・引用
  商大生やサラリーマンに人気の定食兼寿司屋「まるた」が2006年9月に
閉店し、元あった場所の裏で自宅兼店舗として2006年10月に開店している
ようですね。
別の場所で新装開店しているとわからないまま、店の前をとおるとお店
がなくなっていたので、ショックでした。丸井今井の閉店も影響している
との記事が小樽ジャーナルにありました。
しかし、裏にお店があるときいてとりあえず一安心です。
寿司はなくなったようですが、定食のおいしさ&ボリューム&低価格は健在
のようです。
今度是非機会があったら行ってみたいと思います。

http://www.webotaru.jp/news/2006/10/1005-1.htm

 

喫茶店スタンプラリー

 投稿者:喫茶  投稿日:2007年 9月20日(木)17時24分17秒 softbank219168007046.bbtec.net
返信・引用
  小樽にて小樽喫茶店スタンプラリーというのが開催されているようです。
6月から始まっていますが、10月28日までだそうです。

詳しくはこちらを

http://www17.plala.or.jp/cafe-anna/stamp.html

 

Re: 非常に残念なお知らせです。あの建物が火災で焼失

 投稿者:sakura39yonezawa  投稿日:2007年 7月22日(日)19時02分20秒 br2006.jig.jp
返信・引用
  > No.172[元記事へ]

管理人様

お久しぶりです。
坂別邸の消失を最近知り愕然としております。

とりあえず、坂様がご無事のようで良かったです。

管理人様、もしDVDの2作品目を、お考えでしたら『ラブレターのロケ地特集』をお願いしたいですm(__)m

突然の訪問で要望を言ってしまい、お許し下さい。
 

わが街小樽管理人さんへ

 投稿者:MORIKO  投稿日:2007年 7月12日(木)22時45分3秒 blue02.nns.ne.jp
返信・引用
  ありがとうございます★
参考になりました。楽しく小樽を歩けるといいなぁと思います。

ただ、天気がちょっと心配ですが北海道の天気はいいようなので楽しい思い出になれば・・・と思います。
明後日成田から出発します。
 

MORIKOさんへ

 投稿者: わが街小樽管理人  投稿日:2007年 7月10日(火)23時19分34秒 FL1-122-132-12-126.hkd.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  ① お食事

◎「しかま寿司」 場所花園町1-1-9   TEL 0134-25-4040 休日無し
   特徴 店主が女将でテレビにも良く紹介される評判の店
   http://www.shikamazushi.co.jp/index8.htm   ←クリックでHPへ

◎ 「栄六」   場所 花園町1-5-6  TEL 0134-24-0006 定休無し
       特徴 評判の良い店ネットで紹介される事が多い(寿司及び丼物)
   http://www.eiroku.com/

◎  庄坊番屋 大衆的な店舗でサラリーマン、親子連れ、宴会が多く値段は格安 。
   少ない予算でも満足度大(海鮮、焼物等色々あります。本職ではありませんが
   寿司もあります。)   場所 花園町2-6-10  TEL 0134-29-0119
     定休日(水曜日)  http://r.tabelog.com/hokkaido/rstdtl/1000270/

◎ すし耕
    場所 色内2丁目2-6 運河プラザから道路1本山寄りの、北海経済新聞社
     (旧富士銀行)斜め向かい TEL0134-21-5678
                http://www.densiparts.co.jp/sushikou/

以上の店がお勧めですが、これは飽く迄も当方の主観に因るものです。各店のHPで確かめて
下さい。

、必ず事前に電話連絡の上予約された方が良いでしょう

② 風景

         ◎手軽に小樽を眺望
 旭展望台をお奨めします。バスはありませんが、ハイヤーで片道800円位です。
  港も眺望出来、小林多喜二の文学碑もあります

          ◎小樽港を見渡しながらコーヒーを!!

 ウイングベイ建物内に喫茶店がありますが、夏場であれば3~4階辺りの外部階段横の
  ベランダに、休憩椅子があります。缶コーヒーでも飲みながら、ヨットハーバーでも
  眺めて下さい。

 ロープウエイで天狗山 山頂へ 売店あり、喫茶、軽食あり 窓際に座ると市内が
  一望できます。詳細は
  http://www.cks.chuo- bus.co.jp/tenguyama/

③ 硝子工芸体験

 硝子体験工房は代表的な所では、小樽硝子工芸館、北一硝子、大正硝子などがあります
 が、各店とも予約を入れた方が良いようです。

追記 小樽観光の注意点、その他情報についてはこのホームページに記載があります。

http://www.otarukankou.jp

 

こんばんわ

 投稿者:MORIKO  投稿日:2007年 7月 9日(月)22時36分7秒 blue02.nns.ne.jp
返信・引用
  今週末、急遽小樽に行くことになりました。
まったく下調べもしていません・・・

皆さんに小樽のオススメコースを教えていただきたいと思います。
1日小樽に滞在しようと思っています。
なかなか行ける所でないので皆さんのチカラをお借りしたいと思います。
美味しいお寿司も食べたいし、キレイな景色で癒されたいし、吹きガラスも体験してみたい・・・と色々あります。

どなたか力を貸してくださいお願いします(●´v')('v`●)
 

Re: 「ロマンの街小樽」に想う

 投稿者:TAKUMIメール  投稿日:2007年 7月 8日(日)20時36分41秒 softbank219168236014.bbtec.net
返信・引用
  > No.181[元記事へ]

 わが街小樽管理人さんへのお返事です。

> TAKUMIさん品格溢れる力作のご投稿有難う御座います。
>
> 下記の絵画は小樽運河工芸館ですね。TAKUMIさんがロマンの街小樽のモチーフとして選ばれ
> たように、この建造物は小樽運河によく調和し、恰も昔からそこに存在していたかの如く、
> 落ち着いた風情を漂わせていますが、実はこの小樽運河工芸館は、昭和63年度第1回小樽市
> 都市景観賞を受けた比較的新しい建物です。最近建設の心無い商業主義先行の業者には、
> 少しは見習って頂きたい建物です。
>
> 追記 絵画にご興味を持たれた方はTAKUMIさんのホームページにもご訪問ください。多数の
> 絵画を鑑賞する事が出来ます。http://www.geocities.jp/takumi7707/

わが街小樽管理人 さま
この度は、突然の投稿失礼いたしました。
また、「小樽運河工芸館」が小樽市都市景観賞を受けたことを知りビックリすると共に
納得も致しました、又、私も「わが街小樽」のサイトで利巧になった気持ちです。
さらに、私のサイト「TAKUMIの画室」をPRして頂き有難うございました。今後とも宜しく
お願い致します。                             TAKUMI

http://www.geocities.jp/takumi7707/

 

「ロマンの街小樽」に想う

 投稿者: わが街小樽管理人  投稿日:2007年 7月 8日(日)00時48分23秒 FLH1Adr201.hkd.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  TAKUMIさん品格溢れる力作のご投稿有難う御座います。

下記の絵画は小樽運河工芸館ですね。TAKUMIさんがロマンの街小樽のモチーフとして選ばれ
たように、この建造物は小樽運河によく調和し、恰も昔からそこに存在していたかの如く、
落ち着いた風情を漂わせていますが、実はこの小樽運河工芸館は、昭和63年度第1回小樽市
都市景観賞を受けた比較的新しい建物です。最近建設の心無い商業主義先行の業者には、
少しは見習って頂きたい建物です。

追記 絵画にご興味を持たれた方はTAKUMIさんのホームページにもご訪問ください。多数の
絵画を鑑賞する事が出来ます。http://www.geocities.jp/takumi7707/

http://www.otarukankou.jp

 

「ロマンの街小樽」

 投稿者:TAKUMIメール  投稿日:2007年 7月 4日(水)14時52分38秒 softbank219168236014.bbtec.net
返信・引用
  わが街小樽管理人さま
お久し振りです・・・TAKUMIの画室管理人です、最近描いている「小樽運河シリーズ」の
絵の一枚「ロマンの街小樽」を皆さんに観て頂こうと投稿させていただきました。
暮れゆく運河沿いの「手造りガラスの店」を描いた作品ですが、上部展望台の人影、手前の石垣に座り語らうアベックを配し、「ロマンの街小樽」に相応しい雰囲気を演出してみました。皆様にはどう感じて頂けるでしょうか?、ご高覧下さい。

http://www.geocities.jp/takumi7707/

 

こんばんは

 投稿者:nekomimi  投稿日:2007年 6月 9日(土)23時57分53秒 softbank219168007046.bbtec.net
返信・引用
  以前より小樽の見所を探していたらここにたどりつき、何回も訪れていますがはじめて書き込みします。小樽の歴史から穴場のスポットまで幅広く紹介されていて、小樽に関するホームページの中でも最も高尚な雰囲気ですね。そして、トップの背景の色、変わりましたよね?いっそう素敵になりました☆  

小樽でマトリョ-シカ売る店教えて

 投稿者:かばちゃん  投稿日:2007年 6月 7日(木)22時57分42秒 zaq7d041be5.zaq.ne.jp
返信・引用
  修学旅行で北海道の小樽にいきます。以前に、家族で行ったときに小樽でマトリョーシカを買いました。
今回の修学旅行でも小樽に行くことになりました。
お土産にロシア大統領のマトリョーシカを買いたいのですが、自由行動にも制限時間があり、前もって小樽運河沿いでマトリョーシカを売っている店を知っておきたいのでどなたか教えていただきませんか。
お願いします
 

ありがとうございます。

 投稿者:小樽市民です  投稿日:2007年 6月 5日(火)21時16分2秒 softbank219168007046.bbtec.net
返信・引用
  わかり易い説明ありがとうございます!
小樽ジャーナルを見てわかりましたと書いておきながら、あまり理解していませんでした実は。。。補足説明により、理解できました。なるほど、目印として色分けしていたのですね!
またお邪魔します!
 

小樽の消火栓 補足説明

 投稿者: わが街小樽管理人  投稿日:2007年 6月 3日(日)18時46分32秒 FL1-125-197-14-128.hkd.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  面白い質問ですね。早速小樽ジャーナルを拝見して見ました。

小樽は山坂が多く、水道水の圧力を同じにするため配水池が42カ所設置されている。この
配水池の42系統別に、昭和50年に消防本部の職員の提案で系統別に色分けしたものだという。

 赤17、黄4、青6、黄赤10、青赤5の42系統に分けられ、市内全域に消火栓は1,604カ所も
 あり全国的にも珍しいものだ


以上が小樽ジャーナルの記事ですが、具体的には青の消火栓を二基使用し消火活動をしていた
とします。この場合水圧の関係から、これ以上同地域での消火栓使用が無理と判断された場合は
隣接の消火栓から近い場合等は、色の違う消火栓からホースを引き込む為の目印として色分
けしている様です。

http://www.otarukankou.jp

 

Re: 小樽の消火栓

 投稿者:小樽市民です  投稿日:2007年 6月 3日(日)12時29分4秒 softbank219168007046.bbtec.net
返信・引用
  > No.174[元記事へ]

> 色は地区によって異なるのでしょうか・・・?
> 知っている方がいたら教えていただきたいです。

すみません。よく見たら小樽ジャーナルのページに
色分けした理由が書いてありました!
 

小樽の消火栓

 投稿者:小樽市民です  投稿日:2007年 6月 3日(日)12時27分23秒 softbank219168007046.bbtec.net
返信・引用
  はじめまして!
いつも楽しくホームページ見ています。
管理人さまが小樽が大好きなのが伝わってくるページですね!

さて、小樽に住んでいながらふと不思議に思うことがあります。
それは消火栓の色です。他の地域はどうなのかわかりませんが、
小樽にはさまざまな色の消火栓があるように思います。
小樽ジャーナルにも掲載されています↓
http://webotaru.jp/azumashii/syokasen/index.htm

色は地区によって異なるのでしょうか・・・?
知っている方がいたら教えていただきたいです。
 

/13