投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL



Re: レンタカーで観光 <<===小樽に行ってきました!良かったです

 投稿者:湘南おやじ  投稿日:2008年 6月29日(日)22時47分8秒 KHP059143169073.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  > No.252[元記事へ]

わが街小樽管理者様。
小樽に行ってきました。管理者様から頂いた情報のおかげで小樽を十分に満喫することができました。ますます小樽が好きになりました。改めて御礼申し上げます。簡単ですが小樽旅行の報告です。

初日:予定通り13時過ぎに小樽市街に到着。車をおいて「すし耕」にてにぎりの昼食(おいしかったです)。その後、徒歩にて小樽駅→駅前の三角市場(足早に通り過ぎました)→中央市場(地元の方向けの店なので、観光客は見向きもされず)→サンモール(?)商店街→水天宮(良い眺望でした)→外人坂→境町通りに平行した住宅地を通り(我が家はこういったマイナーな場所が好みかも?)→15:00 ルタオ(チーズケーキは午前中で売り切れ、残念。自宅用のみやげ購入)→「北華楼」で夜食用のシュウクリーム購入→境町通りを通り前回も買った昆布を購入。車にて小樽西運河方面をドライブ(我が家の好みとしては、この近辺の倉庫街の雰囲気がお気に入りです)。この付近で、重厚な建物を見つけて行ってみたら旧日本郵船ビル(閉館直前14:50だったので翌日見学)。ホテルにチェックイン。18:00天狗山目指して出発、途中で「旭展望台」の看板を見つけ、寄り道して「旭展望台」から小樽市外を眺望。次にロープウェイで天狗山山頂へ。19:00前で未だ明るいので山頂付近をハイキング。日が暮れてきたら、残念な事に山頂が霧に覆われ、下が全く見えない状況の為、下山。しかし山頂駅から10M位ロープウェイで降りたら地点では霧が晴れていて、夕暮れの小樽市外を見ることができて感激。夕食は「庄坊番屋」。地元の方に教わった「かすべの煮こごり」(初めての食感、おいしかった)も食べました。

二日目:9:00「隣友朝市」で買い物。9:30開館と同時に旧日本郵船ビルを見学(1時間30分も係りの方から説明を伺いました。ここはお勧めでした)。近くのスーパーに寄ってから「祝津にしん御殿」へ。次に「小樽貴賓館 青山別邸」へ。ここも1時間近く見物。2時を過ぎていたので、青山別邸で昼食。次に「オタモイ海岸」へ。途中の道がわかりづらくかつ狭いし、駐車場から海岸までの坂が急で、おじさんには辛かったです。16:00小樽市内の戻り、再び「北華楼」でシュークリームを食べようとしたら既に売り切れ。代わりにアイスを食べて、小樽最後の観光として17:00「毛無山展望台」へ。小樽市外と隣町を眺望してから、小樽に別れを告げました。

今回とても良かった所、次回小樽に行ったらしたい事:
- 晴れた夜に天狗山から夜景を見たい!(函館山からの夜景にも負けないと思います)
- 「旧日本郵船ビル」と「小樽貴賓館 青山別邸」はもう一度見たい!(小樽の豊かさを感じます)
- 今回見ることが出来なかった「海陽亭」、旧板谷邸「海宝楼」、「鉄道記念館」を見たい!(次回の楽しみに取ってあります)
- おいしいスイーツは、午前中に買い求めるべし!(午前中からスイーツを食べるのは、おじさんには辛いかも?)
- 寿司もおいしいけれど、夕食は居酒屋が良い!(寿司、刺身以外にいろいろと食べることが出来る)
 

Re: レンタカーで観光

 投稿者:湘南おやじ  投稿日:2008年 6月24日(火)22時07分15秒 KHP059143169073.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  > No.251[元記事へ]

わが街小樽管理者さんへのお返事です。

わが街小樽管理者様。
ここまで丁寧な情報をいただけるとは思っていませんでした。お忙しい所、これほどの時間を割いていただき、本当にありがとうございました。
教えていただいた情報を地図と照らし合わせながら、旅行の計画を立てたいと思います。
夫婦共々、良い小樽観光ができそうな予感がしています。
 

レンタカーで観光

 投稿者:わが街小樽管理者  投稿日:2008年 6月23日(月)23時37分58秒 FLH1Acf022.hkd.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  小樽の街は坂が多く、眺望も観光の重要部分であり、それだけに隠れた眺望スポットも多いのですがその様な場所は土地不案内の観光客には無理と思われます。そこで代表的な名所を中心に書き込みを致します。(慣れない土地で時間配分が難しいと判断しましたので、勝手ながらある程度の行動パターンを設定しました。

①1日目13時より

※徒歩にて→ この日は前回まわられた運河近辺及び銀行街、境町~オルゴール堂までゆっくりと御見物下さい。
お勧めご休憩
○北一ホール→星空の喫茶店
○洋菓子舗ルタオ二階喫茶部→チーズケーキ有名
○ウイングベイ ベランダからヨットハーバーを展望、
又は同ヒルトンホテルレストランの窓際にて食事(此処のみ車 オルゴール堂からハイヤーで690円位)

②※車にて→当日黄昏時小樽天狗山より市内展望

車で天狗山ロープウエイ発着所まで行きロープウェイ乗車、頂上からは小樽市内が一望できます。特に日没時の前後20分くらいが綺麗です。

※間違っても車で山頂まで行こうとしないで下さい。土地の人でも初めての方は山中に入ってからの左折場所が分かりません)

③二日目 車にて

 午前中

日本郵船(館内有料)この道路の海側に現役の北運河があり今でも小型船が停泊しています。

手宮公園より小樽市内を眺望

(日本郵船を左に折れ、次の十字街を右に曲り突き当たりの坂道を其の侭100メートル位上方右手の小道を右に折れると公園内です。)

鉄道記念館(手宮公園の海側麓)

今来た道を戻り坂を降り切った場所の交差点を左に曲がり左手スーパー駐車場の傍にあります。

祝津海岸へ

交通記念館上の道路をその侭直進7分位で左手に「小樽貴賓館 青山別邸」があります。宜しかったらどうぞ。小樽貴賓館から300メートル程進み左折頂上に見えるホテルを目指すとすぐ手前の展望広場に出ます。

祝津にしん御殿 展望台から見た岬にあり車で行けます。(600メートル?位)

(この間の小樽中心部からの移動所要時間往復で約40分ですので見物時間は逆算で査定して下さい。)

昼食1時間

  午後1時より

旭展望台→小林多喜二の碑あり小樽商科大学手前参道を右に迂回(所要時間往復25分。35分)

旧板谷邸「海宝楼」→堺町通り中間ふうど館向い多喜二亭の脇道を右に迂回してゆくと右手にあります。

(午後からの行き先を前後させて此処での食事も考えられます)

海陽亭→堺町通り突き当りオルゴール堂の右側の坂道を100メートル程上った左手(入場料1000円)

毛無山展望台→途中に小樽ワインの見学工場があります。

以上ですが時間はかなり余裕があります。若し時間配分が上手くいく様でしたら、小樽オタモイ海岸もお勧めです。然し道筋の把握が難しく無理かも知れません。

以上時間まで区切って行動を制約した様になってしまいましたが、知らない土地での行動は候補地を挙げただけでは多くの無駄も出る為こうなってしまいました。

※各地名および施設名は検索でサイトを開ける筈です。お調べの上楽しいご旅行を!!

”わが街小樽”HPhttp://www.otarukankou.jpに小樽訪問の為のアドバイスを掲載しておりますのでご参考にして下さい。(旅行の想い出にはビデオもあります)

 追記 宿泊ホテルが若し徒歩で見物の運河周辺から堺町付近でない場合は、
旧三井銀行の右手小路を抜けた後方空地に穴場的駐車場があります。
 

小樽郊外をレンタカーで観光

 投稿者:湘南おやじ  投稿日:2008年 6月22日(日)12時12分45秒 KHP059143169073.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  6月27日から家内と二人で、小樽・札幌に行きます。数年前に家内と二人で小樽へ寄りましたが、10月末の寒さがこたえて運河周辺と堺町通りのみを散策して、半日弱の滞在で小樽観光を切り上げてしまいました。夫婦共に「もう少しゆっくり小樽を見て回りたかった」というのが前回の感想でした。その際に立ち寄ったみやげ物屋の方から、「小樽は6月が一番良い季節だから、今度は6月に来てくださいね」という言葉を頼りに、再び小樽観光に出かけます。今回は小樽に宿泊します。小樽の情報を入手する為にネットで検索した結果、このHPが最も内容が充実していて且つ良心的であると思い、いろいろと参考にさせていただいています。

そこで管理人様に教えていただきたい点がございます。
今回、6月27日(金)午後1時頃にレンタカーで小樽に到着予定。小樽宿泊。
28日(土)は、夕方まで小樽に滞在する予定です。
1日半の間に、レンタカーがあれば是非とも立ち寄る価値がある小樽近郊の名所旧跡があれば教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。
 

感謝感謝管理人様

 投稿者:おさこメール  投稿日:2008年 6月 8日(日)19時21分34秒 ntoska577060.oska.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  早速のご案内有難うございます。
きめ細やかなご説明には只只感謝するのみです。
当日はどちらかの案をそのまま実行させていただきます。
有難うございました。
 

おさこさんへ

 投稿者:わが街小樽管理者  投稿日:2008年 6月 8日(日)15時35分53秒 FLH1Acf022.hkd.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  大変過密なスケージュルですが一応案を立ててみました。小樽の土産店は6時に店仕舞い
する商店が多いのです。そこで最低限の優先訪問店を基準に2つの案を立ててみました。

第一案硝子工芸店を訪れる案
小樽駅を海に向かって6~7〇〇メートル程下がると運河手前の左手角から3軒目辺りに
小樽運河工芸館があります。此処は夏季閉店6時60分ですが、一般解放されている
屋上から運河を一望されることをお勧め致します。

運河を左手に見て遊歩道を終着まで進み、十字街をを右に曲がり次の角の左前方には
旧第一銀行、その山側には日銀があり、左角には旧三菱銀行、右手角には旧拓殖銀行、
1軒おいて隣に旧三井銀行があります。この間は運河工芸館及び運河見物の、所要時間
を除いた歩行時間は30分に満たない筈です。

さて寿司屋ですが、この近辺では千春寿司をお勧め致します。TEL0134-29-4689場所
色内1-5-8で上記三井銀行の並び100メートル程小樽駅寄りです。(松山千春に逢えるかも)

その後土産店は閉店しておりますが、雰囲気だけでもと思われるならば千春寿司を出て左に
曲がり、1.5キロ程進むと突き当りがオルゴール堂でその間に数々の歴史的建造物が有ります。

帰路の交通は小樽駅には戻らず、突き当たったオルゴール堂の右角の坂を登りきった右角
にJR南小樽駅があります。

第二案オルゴール堂と洋菓子舗「ルタオ」を訪れる案

オルゴール堂その他大半の店舗は6時閉店ですので(オルゴール堂は夏季閉店6時30分で
すがこの店の夏季の設定は6月27日からです)そこで新千歳発小樽行きは16時34分が
ありますが、時間を効率的に過ごす為には、下車は小樽駅ではなく、一つ手前の南小樽駅
にして下さい。(17時42分着)

駅を出て海に向かって左手の坂を200メートル程下ると、右手がオルゴール堂です。
閉店までは5~10分しかありません。その真向かいに洋菓子舗「ルタオ」があります。
閉店時間は金~日曜日は19時ですので13日は該当します。ここでは是非塔の最上階で
市内を展望して下さい。エレベーターがあります。

「ルタオ」を出ましたら、今来た道を小樽駅方向へそのまま進んで下さい。未だ開店の店舗
があるかも知れませんが、客引きにはご注意下さい。この道は歴史的建造物も多く15分程
進むと旧銀行街に行き着きます。右手三井銀行を過ぎて次の角を右に折れると運河に出ます。

運河の遊歩道を右に第一案を参考に一回りして、千夏寿司へ入店です。

以上細か過ぎて、くどい説明になりましたが、滞在時間が2時間程度であれば、此処まで
書かなければ一度迷っただけで、計画が全部無駄になると思い手数でしたが敢えて無理を
しました。

帰路の交通はJR小樽駅には歩いて約10分です。

※寿司店の選定は時間的コースの関係上一店のみにしましたが、若し時間の事情が許され
るのであれば当掲示板の質問集まとめがhttp://www.otarukankou.jpにあリますのでご覧下さい。
 

小樽を1-2時間で観る

 投稿者:おさこメール  投稿日:2008年 6月 7日(土)20時55分23秒 ntoska577060.oska.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  大変詳細な情報満載のサイトにめぐり合えて感謝します。私、大阪から今月13日訪問します。当初はお昼に小樽へ到着できるように予定したのですが、飛行機の都合で新千歳へ16時着になってしまいました。小樽へは17時半過ぎになると思います。当日は札幌へ宿泊予定です。しかしどうしても小樽を体験したいのです。こんな遅い時間に到着し果たして多少なりとも楽しめるものでしょうか。「運河」及び周辺みやげ物店等の見学、「美味しくリ-ゾナブルなお値段でお寿司を頂きたい」以上が必要条件です。ご指導ください。  

いってきました

 投稿者:杉崎鍵  投稿日:2008年 5月16日(金)21時02分31秒 softbank219169250010.bbtec.net
返信・引用
  行ってきました小樽に!工芸館でサンドブラストをつくりました。楽しかったです。
ケンタッキーで昼たべました!おいしかったです
あまとうでアイスクリームを食べました!かたかったけどあまくておいしかたです。
金融資料館にいきました!なんか難しかったけどお金のことがよく分かりました.
博物館に行きました!2回目なので普通でした。
小樽は楽しかったです!みんなでいったっていうのもまた楽しかったです。
 

そうなんですか

 投稿者:杉崎鍵  投稿日:2008年 5月15日(木)21時19分17秒 softbank219169250010.bbtec.net
返信・引用
  そうなんですか。ぼくたちはあまとうにいきます
美味しいアイスクリームを期待しています
 

アイスクリーム 観光スポット

 投稿者:わが街小樽管理者  投稿日:2008年 5月15日(木)15時50分48秒 FLH1Acf022.hkd.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  ◎ミルクプラント ソフトクリーム(レギュラー)200円~ミックス味のマーブルや3段重ねの
レインボー、特大のニューヨークジャンボなど北海道保証牛乳の直営店。地元の人にも観光客にも
人気の店 花園2-12-13花園公園通り、

◎美薗アイスクリーム(ソフト・ハード)450円ソフトクリーム300円有名な老舗アイスクリーム店。
稲穂2-12-15都通り商店街の中、駅前中央通の近く。ウイングベイにも店舗あり

◎あまとう クリームぜんざい500円人気和洋菓子店2階の甘味処で食べられる「クリームぜんざい」
は特に評判。パフェも人気 稲穂2-16-3都通り商店街の中、オーセントホテルの向かい。

◎北のソフトクリーム屋さん アイスクリーム(シングル)300円、ソフトクリーム250円わさび、
ウニ、イカ墨、納豆など約30種類の味。観光客がいつも行列を作っている。 色内1-2-18
(団体客が記念撮影をする小樽観光案内所斜め向いにあります。)

以上主な有名店を記入しましたが、団体行動の時間的制約から考えると北のアイスクリーが1押し
ですが、もともと小樽のアイスクリームは美味しいので、恐らく見学コースに必ず入る堺町
(銀行街からオルゴール堂に至るコース)近辺のクリーム屋は先ず当たり外れは無いと思われます。

追記 恐らくウイングベイには足を運ばれる事と思いますが、食事はそこの食堂街をお勧めします。
¥500円から¥800円位で学生さんには手頃な料金です。

アイスクリームの詳しい情報はhttp://homepage2.nifty.com/canalmoon/icecream.htmlをどうぞ。

観光スポットについては私のホームページhttp://www.otarukankou.jpをご覧下さい。
詳しい掲載があります。
 

小樽

 投稿者:人間  投稿日:2008年 5月15日(木)11時46分31秒 p3130-ipad307sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.240[元記事へ]

小樽のことを教えてください
明日見学旅行で小樽へ行くのでいろいろなことを教えてほしい
小樽ってどんな町か?
観光名所はどこか?
他にもいろいろなことを教えてほしい
 

ありがとう>わが街

 投稿者:杉崎 鍵   投稿日:2008年 5月15日(木)11時43分45秒 p3130-ipad307sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  本当にありがとうございます。
手宮にはいけませんが旧日本銀行の金融資料館にはいきます。
しつこいですが本当にありがとうございます。
 

小樽

 投稿者:小樽のことを知りたい人  投稿日:2008年 5月15日(木)11時39分48秒 p3130-ipad307sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  小樽のおいしいソフトクリームはありませんか?
教えてください
他にもいろいろなことを教えてください
お願いします
 

杉崎鍵さんへ

 投稿者:わが街小樽管理者  投稿日:2008年 5月14日(水)23時42分34秒 FLH1Acf022.hkd.mesh.ad.jp
返信・引用
  お礼の書き込み有難う。中学生?の研修旅行だったんですね。お礼を言われると結構嬉しい
んですよ。何となく張合いも出て来てこれからも小樽を訪れる人の為に、頑張ろうなんて思
ってしまいます。有難うございました。

小樽運河には、手宮地区に船が駐留する現役の北運河があり、その近くに有名な日本郵船が
ありますよ。また時間に余裕があれば、旧日本銀行の金融資料館訪問も有意義かも知れません。

明後日は天候も回復のようですので良い旅行になると思います。では食事の際は呼び込みに
は惑わされない様にお気をつけて・・・
 

ありがとう

 投稿者:杉崎鍵  投稿日:2008年 5月14日(水)21時23分46秒 softbank219169250010.bbtec.net
返信・引用
  わが街小樽管理者さんありがとう。参考にさせてもらいます。あさって見学旅行でおらるいくんですよ~。これで僕の班は大助かりです。本当にありがとうございました.
僕達2時に小樽博物館に行きます。とても楽しみです。
しつこいですが本当にありがとうございました^^
 

質問にお答えいたします

 投稿者:わが街小樽管理者  投稿日:2008年 5月14日(水)15時34分55秒 FLH1Acf022.hkd.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  杉崎さんへ

小樽発祥のあらまし①

江戸時代徳川幕府の経済体制は米本位でした。当時蝦夷地と呼ばれた北海道の統治を
任されていた松前藩は米の獲れない蝦夷地の特殊事情から、幕府の許可のもと家臣への
俸禄は米ではなく、アイヌとの交易を認め、その収入を俸禄として家臣に与えていました。
家臣達は交易取引を決められた区域毎に商人に任せ利益の一部を運上金として収めさせて
いました。この交易の決められた区域を「場所」といいその商人を場所請負人と呼んでい
た。この場所請負人が場所毎に作ったのが運上屋(家)です。その後オタルナイ場所は隆盛
を極めその財政に目を付けた幕府はオタルナイ場所を高島場所と、現在の妙見川{旧オコバ
チ川)を堺にしたオタルナイ場所の2場所とし、村並制度を布き統治した。時は1865年
明治維新の3年前の事である。当時の人口314戸1143人

小樽発祥のあらまし②

北海道の地名の大多数は、アイヌ語に由来しているがその意味するものは、地形と蜜接な
関係がある.小樽の語源となった「オタルナイ」も例外ではなく、アイヌ語で”砂の中を
流れる川”の意味がある。しかし此処で一寸した疑問が残る。山坂の多い小樽に果たして
”砂の中を流れる川”なる地形が存在するのだろうか。実はこのオタルナイは400年程
前、現在の札幌市の西区から銭函の砂浜を大きく蛇行しながら、石狩湾へと流れていた新川
と呼ばれる川が起源だったのである。(発祥の記念碑は樽川にあります。画像参照)その河
口に松前藩の八木勘右門が漁場を開きこれをオタルナイ場所としたのが始まりである。しか
し漁業は隆盛であっても船の出入りする港としては、機能的ではない為、利便性の高い現在
の小樽市内入船河口に小樽場所が移されたが名称はそのまま受け継がれた。以後その名は
オタルナイから、オタナイ、尾樽内、小足内、舗足内と変化し、小樽となったのは明治2年
に維新政府が蝦夷地に開拓使を置き名称も北海道と改めた時からである。後に小樽に港湾や
鉄道が整備される事になるが、これは決して鰊漁が盛んだった為ではなく、当時の明治政府
は小樽に別の目的、使命を期待していたのである。

以上記述して参りましたが、このご質問は過去にも多々ありましたので、当hpの
http://www.otarukankou.jp"小樽の歴史あれこれに詳しく掲載して居りますので
ご覧下さい。

尚この度種々ご質問がありましたが、見学場所、お食事処等の具体的記入がなく
返答に窮して居ります。中には仲間内の、遊びなのでしょうが殴るぞ殺すぞ等
の書き込みがありましたので7通程削除させて頂きました。

中学生さん(いいとこ)は建物でしょうか。食べ物でしょうか。若し食べ物でしたら
この掲示板を種別に纏めたー小樽寿司、グルメ 小樽観光の質問と回答集がHP内に
ありますのでご覧下さい。建物については、小樽歴史的建造物一欄にもあります。
手を省いたようですが、若し食事の質問でしたら、予算と好み等を具体的に後記入
されますと、お答ええ出来るのですが・・・・
楽しいご旅行でありますように念じております。
 

(無題)

 投稿者:杉崎 鍵   投稿日:2008年 5月14日(水)14時11分15秒 p3130-ipad307sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  こんちわ俺は今小樽のことについてしりたいんです。  

小樽の歴史教えてください

 投稿者:杉崎 鍵   投稿日:2008年 5月14日(水)14時03分10秒 p3130-ipad307sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  小樽の歴史教えてください  

困ってる少年です

 投稿者:中学1年生  投稿日:2008年 5月13日(火)15時17分54秒 p3130-ipad307sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  見学旅行で小樽いくんですよ
なんかいいとこありませんか?
いまきめらんなくてこまってるの
それで喧嘩したんですけど
 

小樽

 投稿者:花井梓  投稿日:2008年 5月13日(火)14時40分35秒 p3130-ipad307sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  小樽の事について教えてほしい!  

/13