新着順:109/250 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

小樽家族旅行さんへ

 投稿者:わが街小樽 管理者  投稿日:2007年 1月23日(火)17時31分32秒 FLH1Acp005.hkd.mesh.ad.jp
  通報 返信・引用 編集済
  お待たせしました。色々調べましたがご希望項目のうち朝食についてはAM9時営業の該当店
はありません。住宅地若しくは喫茶店には定食屋的な店舗がありますが、それならばあなた
の宿泊される”ふる川”でも朝食を提供しており充分ではないかと思われます。

2月3日の夕食は

① 「しかま寿司」 場所花園町1-1-9   TEL 0134-25-4040 休日無し
   特徴 店主が女将でテレビにも良く紹介される評判の店
   http://www.shikamazushi.co.jp/index8.htm   ←クリックでHPへ

②  「魚亭」   場所 花園町1-6-4  TEL  0134-23-9878
    特徴 活魚寿司で有名(かにもあります)
   http://www.otaru-uotei.com/          定休日 火曜日
   かに類が豊富ですが電話で確かめて下さい。

③  「栄六」   場所 花園町1-5-6  TEL 0134-24-0006 定休無し
       特徴 評判の良い店ネットで紹介される事が多い(寿司及び丼物)
   http://www.eiroku.com/

以上3店がお勧めですが、これは飽く迄も当方の主観に因るものです。各店のHPで確かめて
下さい。

小樽散策初日は3時間半あまり時間がある様ですが、ふる川向かいの運河を裏通りも含めて
ひと回りして下さい。又一般の観光客はあまり訪れませんが北運河と呼ばれる現役の運河に
行かれる事をお勧めします。その後運河の1本山よりの道を銀行街を経て小樽オルゴール堂
まで見物した後、オルゴール堂向かいのルタオ菓子舗の喫茶部で有名なチーズケーキを食し更に
硝子工芸体験等を(お勧め)予定に入れると時間は足りない位です。(飽くまでも単なる参考です)

硝子工芸体験は予約が必要となりますが詳細はそちらでお調べ下さい。
小樽硝子工芸店一欄は http://www.otaru-kyouikuryokou.com/janru-2.htmを訪問して下さい。

注 ページを開いた後に希望店右側の「施設データー」をクリッくするとその店のページが開きます。

2日目天狗山 ロープウエイで山頂へ 売店あり、喫茶、軽食あり 窓際に座ると市内が一望
できます。詳細は http://www.cks.chuo-bus.co.jp/tenguyama/
その後小樽市内都通りの甘党等の菓子や美園のソフトクリーム等を食されるのも良いと思われます。

服装について
北国の人が上京して驚くのは、東京が以外に寒い事です。風の所為でしょうか、同じ服装なのに
小樽以上に寒く感じられるのです。恐らく体感温度の差は5度位あると思われま。ですから東京で
二度~0度位の状態を想定なさって下されば良いと推察致します。防寒コート類はフード付きの物
或いは帽子を用意されたほうが良いでしょう。但し万一を想定して下着、セーター類は予備を多めに
ご用意下さい。然し呉れ呉れも一度に着込まないで下さい。北国の店内は想像以上に暖かいのです。
汗をかいて風邪を引く原因になります。  ※わが街小樽のリンクに北海道観光の服装があります。

靴について ”わが街小樽”のHPを参考にして下さい。なれない冬道ではお子様を必要以上に、
「だつこ」するのは危険です。お子様は一人で転んでも怪我はしませんが、親と転ぶと大怪我の元です。

追記 今年の小樽は今の処例年に無く積雪わ少ないのですが、貴方の来られる頃はある程度
の積雪は予想されます。然し雪があってこその冬の旅行!これもチャンスと捉え、冬らしい
小樽を満喫しましょう。
 
》記事一覧表示

新着順:109/250 《前のページ | 次のページ》
/250