teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


手がとどきそう

 投稿者:山本比呂志  投稿日:2018年12月12日(水)22時22分5秒
編集済
  やっぱりね、買ってくるかもと期待していました。
地球の反対側まで手が届きそうです。

果樹農業ではしっかりチリ化が進んでいて
多国籍企業の輸出割合が減りつづけているのに比べて
酪農分野のNestleは付加価値製品で、Fonterraは低価格製品でと
地元企業との競合を避けて共存をめざしていると書かれていました。

写真の<Soprole>はFonterraがつくった子会社ですね。
なんだか遠くにある食べ物はことさら旨そうに見えます。
 
 

流石にワインは・・

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年12月12日(水)19時54分35秒
  チリでもワインに向く品種(気候)は南の方だそうです。この辺(コピアポ付近)は乾燥している
ためか食用が多いようです。(甘い)もしくはピスコの原料となるようです。
ワイン関係については閣下、みやちゃん(飲まないのに語れる・・)にお任せします。
こちらの葡萄は基本皮ごと食べることができるので楽です・・
 

南米サーチ

 投稿者:山本比呂志  投稿日:2018年12月11日(火)15時32分1秒
編集済
  意図あって置いたらしいCosta Rollsは
どうやら中にサクサクのクランチを包んだホワイトチョコベースらしいですが
ぼくはホワイトチョコは苦手なので、ミルクチョコレートかナッツをお願いします。
(なぜかLosta Rollsと画像検索するとロールスロイスが出てきます)

調べてみると、日本での11月のスモモの取引量は果物の中では1%に満たず
山形産845kg、北海道産476kgに次いでチリ産が140kgでした。

のりちゃんが、是非そのブドウでワインをつくってみて欲しいと言っています。
フランスから技術移転したので、フランス系のブドウ品種が多く
75%が赤ワインなのだそうですが、もともとオーガニック志向が強くて
オーガニックを名乗らない農家があるほど浸透しているといわれます。
(そこらへんは閣下がくわしいでしょうが)
2015年にフランスを抜いて、日本のワイン輸入量のトップを占めたのは
安全性はもちろん現地の土地や労働力が安価で大量生産できるために
もともと安いところにEPA関税が低いからだそうですね。

なんだか地球の反対側なのに南米が身近になってきて調べていると
去年、経済危機に陥ったベネズエラの大統領が
なんぼ金がなくても肉ぐらいは食わせなけりゃいかんと
貧困層に食用にするようにとウサギを配給したら
みんなウサギに名前をつけてペットにしてかわいがり
仲良く一緒に寝ているものまで出てきて、担当相まで作ったのに
あえなく<ウサギ作戦>が頓挫したという記事をみつけました。

危険でありながら深々と面白く、まさに混沌の大陸です。
 

アプリコットとプラム

 投稿者:宮ちゃん  投稿日:2018年12月10日(月)21時18分57秒
  実の表皮に”毛”があれば杏、つるつるしていればプラム(スモモ)
です。梅の実の表皮ついている毛のようなものはありますかな?
 

さらに訂正

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年12月10日(月)21時04分34秒
  すいません。熟したの食べてみたらどうも杏っぽいですね~  

付け忘れ

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年12月10日(月)03時08分19秒
  すいません。添付してませんでした  

追加

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年12月10日(月)03時04分35秒
  写真  

桜と思っていたら・・・・

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年12月10日(月)03時03分56秒
  会社の裏庭で向日葵を育てているのですが、以前は農園だったので葡萄やライムの木がありま
す。以前、桜の木だと思っていた木はスモモだったようで最近実がなっていることに気が付き
ました。色は黄色ですが多分スモモです。試食してみましたが熟していれば美味しいです。
同裏庭にはウサギもいます。
 

流石ですな

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年11月11日(日)07時03分24秒
  生えていたところは宮ちゃんの記載通りです。あえて修正するならシェラトンから経営変わって
現在はメリア イグアスでした。 確かにイチジクに似てます。ただ、落ちた実を触ってみまし
たが全く熟してなく青々として硬かったです。あれだけ鳥がいるのに鳥さえも食べてませんでした。
甘いとは・・・まだ季節が早すぎですかね~
てっきり南米の木かと思ったらアジア産ですか・・少しがっくりです。
 

食うしかない

 投稿者:山本比呂志  投稿日:2018年11月10日(土)13時58分40秒
  言われてみればそうだよねえ、、、
葉っぱがどうだかとも思ったのだけれど
雰囲気がそっくりだもんなあ。

食べられそうもないとおっしゃるのだから
ここは食べていただくのが手っ取り早い
合理的な解決法だよねえ
まさしくぼくらの腹は痛まんのだから。

鉱山の管理人さ~んっ!
とても甘いんだそうですよ~そうは見えないけれど、、、?
 

余計な一言

 投稿者:宮ちゃん  投稿日:2018年11月10日(土)07時11分53秒
  実がなっている木は、日本語名で「オオバイチジク」と思われます。
イグアスの旅行記などには「インドイチジク」との記載もあるようですが、「オオバイチジク」の俗称のようです。「オオバイチジク」は中国南部から東南アジアに分布しているので、最初は自信がなかったのですが、「葉が大きく日陰を作るために植えたもの」との記載を見つけ、納得しました。
写真の木は、イグアス鉄道の乗り場に周囲に植えられている木ではないかと推察します。同じ木がシェラトン イグアスの庭にも植えられていたので、多分間違いないと思います。
 

第一報

 投稿者:山本比呂志  投稿日:2018年11月 9日(金)20時42分58秒
  最初に送られてきた植物は
ゴクラクチョウカと呼ばれる
ストレリチアニコライかストレリチアレギネ
ではないでしょうか、どちらかといえば前者に近いようです。

次のものは、最初はアブラギリの仲間である
ナンヨウアブラギリ、学名をジャトロファという
バイオ燃料になる木に似ていると思いましたが
実の形がちがうように見えます。
その亜種とされるものがあるのでしょうか。
 

名称依頼2

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年11月 7日(水)02時19分56秒
  実は食べられないようです。たぶん  

名称依頼

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年11月 7日(水)02時18分26秒
  いつも的確な解説ありがとうございます。
ついでにこの2種類の植物の解説お願いします。
いずれも先日行ったイグアスの滝周辺で撮影したものです
よろしくお願いします。

 

紫の桜

 投稿者:山本比呂志  投稿日:2018年10月29日(月)20時14分39秒
  ピンクはハイビスカスですよね。
紫の花は<ジャカランダ>という南米原産の花で
宮崎県で見られるそうです。
のりちゃんが熱心に調べていましたが
後ろに写っているチリヤシが重なっていて見分けられなかったそうです。
<チリヤシ>は$25切手になっていること
$はもともとpesoからできたことなど
少しづつ物知りになっています。
中島みゆきの曲<紫の桜>はジャカランダのことだそうです。

NHKの気象キャスターをしておられて
その後ご主人とサンティアゴに移住された淵岡友美さんが
<海洋国と思っていたのに、果物が豊富でとてもおいしく
おまけに無茶苦茶安いっ!>と書いていました。


 

追加

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年10月29日(月)07時45分49秒
  花の写真です。名前は確認しておきます。  

季節感

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年10月29日(月)07時43分25秒
  日本は秋が深まっていますね。こちらは反対に初夏の陽気が続いています。意外と街には花が咲き、市場に行けば西瓜、苺が売られ始めたことで季節感を感じます。
苺、西瓜などの果物は品種改良されてなくてもそこそこ甘いです。(日本の高価な果物にはかないませんが)
西瓜、苺とも1kgで300円程度です。写真の西瓜は3kg、苺は1kgです。
では、また
 

おめでとうございます!

 投稿者:山本比呂志  投稿日:2018年10月 9日(火)19時13分21秒
  誕生日、こどもはめでたくて
おっちゃんはめでたくはないなんて
そんなことがあっていいはずがないっ!
むしろよくまあへこたれずに生きているものだと
総力で祝われてしかるべきだと思いますので
堂々と祝われてください。

つくれませんが、とびっきり旨そうに食うことはできます。
 

食べるのがもったいない!!

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年10月 9日(火)09時33分58秒
  先日、会社いったら朝からサプライズでした。
この年で誕生日会!!!
出されたケーキが圧巻です。(味も良いがナイフ入れるのが躊躇われました)
器用な比呂志さんなら作れますかな?
 

カミンズエンジン

 投稿者:鉱山(ヤマ)の管理人  投稿日:2018年 9月23日(日)06時39分39秒
  昔カミンズエンジンのキャビテーションについてはよく聞きましたが最近は冷却水も良質の水を
使うので問題ないようですね。H400はインターナショナル・ハーベスタ社のホイルローダーで
キャビンが前側についてるやつですね。小型の530に乗ったことがあります。最近は重機の世界も
買収が激しく、少し前にワブコがコマツ傘下になりましたが、気が付いたらマラソン・ルターナ
もコマツ傘下に入ってますね。鳥形山で使用していたのはL1000とL1300でしたっけ?
今最大はL2350だそうで、交流モーターで4輪動かすシステムです。コマツ傘下に入ったから信頼
性あがるかもしれませんね。ちなみに穿孔機リードリル(SK-60、SK-70でしたっけ?)はCAT
傘下に入ってますよ。
当社の中国製のピックアップ作業車もカミンズエンジン積んでます。(結構小さいエンジンも
作っているのですね・・・)
チリではコマツ社とカミンズ社が共同でメンテナンス事業をおこなっているようです。


隕石は磁石に付けてみます。  ではまた
 

レンタル掲示板
/35