投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


お知らせ

 投稿者:徳安  投稿日:2016年12月 7日(水)17時15分45秒
  12月17日(土曜日)に恒例のクリスマス感謝祭を行います。歌あり、ゲームありと楽しい2時間をお過ごしください。年齢制限はありません。準備に職員さんが頑張っておられます。もう私の出る幕はないようです。寂しいような嬉しいような。みんなも進歩してきたね。私は現状維持で精いっぱいです。親父が引退したのが75歳、私も頑張らなきゃね。  

こんな夜は

 投稿者:徳安  投稿日:2016年12月 2日(金)06時31分51秒
  せめて星だけでも出ていたらいいのに。今日は意地悪雲が星を隠している。  

カルテの見直し

 投稿者:徳安  投稿日:2016年12月 2日(金)06時30分56秒
  月末から、月初めはカルテの見直し、検査や薬が病名と適合しているかどうかのチェックを行う。これが大変。昔親父が眠たい目をこすりながらやっていたことを思い出す。これがなければどんなに楽か、頑張れがんばれ。  

 投稿者:徳安  投稿日:2016年11月27日(日)18時47分12秒
  昨日嫁さんと甘木の友人のところに行き、会食。明善校1年生の時からの友人。田舎者同志。何となく馬が合って、これまで続いてきた。気心の知れた友人、遠慮はいらない。昔話に花が咲いた。甘木からわざわざ僕のところまで薬をもらいに来る。もう退職してるけど、地域のために頑張ってる。負けられない、そう思った。いろんな人から力もらって、歩いていかなきゃね。  

今日まで

 投稿者:やぶ医  投稿日:2016年11月27日(日)18時29分23秒
  わたしは今日まで生きてみました、時にはだれかの力をかりて、時にはだれかにしがみついて
わたしは今日まで生きてみました、 そして今 わたしは思っています
明日からもこうして生きて行くだろうと(吉田拓郎)
時々自分は何をしているんだろうと考える時がある。何かを書こうと思っても、何も出てこない。体の中から力が抜けていく、そんな時が。時間だけが過ぎていく時が。
キャプテンという漫画がある。主人公の谷口君の言葉じゃないけど、頑張らなきゃね。
 

おばあちゃんと徳安先生にありがとう

 投稿者:おばあちゃんの孫  投稿日:2016年11月20日(日)16時36分33秒
編集済
  こんにちは。11/3に天国に旅立たれたおばあちゃんの孫の一人です。

東京から田舎に戻ってきていたので、遅ればせながら昨日おばあちゃんに逢いに行ってきました。
とてもとても寂しいけれど、8月に帰省した時は私の娘(おばあちゃんの曾孫)の手をとってにこにこ笑ってくださいました。
キューピーのお人形さん?今は娘のベビーベッドのそばにお守りとしてかけています。たくさんつくってくれてたから、色んな色があって娘も喜ぶんです。
お人形を見ながら、おばあちゃんの旅立ちを
応援したいと思います。


徳安先生の記事は、兄から教えてもらいました。
読んで、涙しました…
改めて徳安先生のお人柄に感動しつつ、そんな徳安先生の心に残ったおばあちゃんを誇りに思いました。
週末東京に戻りますが、遠方でも人の繋がりを確認できるこの時代に感謝し、またおばあちゃんに会いに来たいと思います。
記事にしてくださって、孫としてとてもとても嬉しかったです。本当にありがとうございました。
 

筑後川

 投稿者:やぶ医  投稿日:2016年11月17日(木)07時18分28秒
  筑後川、高良山。雲と青い空。私の大好きな風景。この前筑後川をずーっと登って行った。自然っていいね。  

宇宙

 投稿者:徳安  投稿日:2016年11月17日(木)07時11分7秒
  昨日は久しぶりに月と星が輝いていて綺麗だったけど、見える星の数は少なくなってきているような気がする。自分の目が悪くなってきているせいだろうか?それとも大気が汚れてきているせいだろうか。この数年宇宙に飛び立つ宇宙船も少なくなってきているような気がする。人の住める星が見つからないせいもあるのかな。アメリカの景気も良くなく、経費削減といったところかな。トランプ氏が大統領、名前から遊びのような気もする。どうなるんだろうね。  

いつも心の中に

 投稿者:徳安  投稿日:2016年11月 5日(土)16時21分23秒
  おばあちゃんの手作りのお人形さん。
 

おばあちゃん

 投稿者:徳安  投稿日:2016年11月 5日(土)07時55分40秒
  おばあちゃんは、確かアメリカ生まれで、数年過ごした後日本に帰ってきたんだったと思う。アメリカで写した写真を見せてもらったことがある。おしゃれな服を着たテル子ちゃんがいたことを覚えている。ご主人の喜代人さんが骨折、うちに入院されてからお付き合いが始まった。ご主人はコーヒーが好きで、おばあちゃんは毎日コーヒーを持ってやってきていた。ご主人が亡くなった後は、キュウピーさんや、亀を作ったりしていた。それが人気になり、欲しいという人も多く、1000近くは作ったような気がする。僕もいくつかもらった。いつも笑顔を見せていた。僕はおばあちゃんの愚痴を聞いたことがない。自分の人生に影響を与えてくれたうちの一人である。ご冥福をお祈りする。おばあちゃん、僕もいつかそちらへ行く、その時はまたいろんなことを教えてね。  

/201