teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


HOKKAI☆TIMES1018

 投稿者:DINAMO-JIN(北海道日本ハム担当)  投稿日:2016年10月18日(火)21時16分56秒
返信・引用
   10月15日に執り行われた『仮想ドラフト2016』を終えたDINAMO-JINチーフスカウトが独占手記を本紙に寄稿してくれた。各指名選手に対する評価、舞台裏の様々な動きや思惑がここに明らかになる!

【通常ドラフト】
1位 堀  瑞輝 18歳 投 手(広島新庄)
2位 島  孝明 18歳 投 手(東海大市原望洋)

3位 畠  世周 22歳 投 手(近 畿 大)
4位 才木 浩人 17歳 投 手(須磨翔風)
5位 米麦 圭造 18歳 内野手(高 松 商)
6位 高野 脩汰 18歳 投 手(出 雲 商)

7位 板東 湧梧 20歳 投 手(JR東日本)
8位 笹川 晃平 22歳 外野手(東 洋 大)

【育成ドラフト】
1位 大道 温貴 1?歳 投 手(春日部共栄)
2位 福武  修 18歳 内野手(東海大甲府)
3位 伊藤  翔 17歳 投 手(横芝敬愛)



 豊作ドラフトと謳われていた通り、確かに例年以上に選手が揃っていた印象が強い。他球団を見ても「この選手がよくこの順位まで残っていたな」という指名が下位の段で見受けられた。指名漏れになった星知弥(明治大)投手や丸山泰資(東海大)投手あたりも例年であれば本指名内で消えていたのではないか。

 ただ、一言で豊作といっても全てのポジションや世代に人材が豊富だったわけではない。最も粒揃いだったのが高校生の投手、次いで大学生の投手で、野手に関しては世代を問わずそれほど目を惹く人材がいたわけではなかった。むしろ、“清宮世代”といわれる来年の候補に好素材が集まっている印象なので、「野手は来年」と割り切って素質のある高校生投手を狙いにいった部分は多分にある。

 ご承知の通り、幸いにも今年はリーグ制覇を達成することができた。投打の軸である大谷翔平や中田翔、その脇を固める選手は十分というわけではないがある程度は整ってきている。だが、それでも左腕投手の駒不足、打てる内野手が足りないという点においては即戦力補強の必要があるのは明白だった。
 問題はドラフト候補となる選手にそういったウイークポイントを埋められる存在がいるかということ。そして、もう一つは現有戦力との比較ということになる。頭数だけ揃えても意味がないからね。
 例えば内野手でいえば渡邉諒や松本、横尾、高濱や平沼あたりと張り合えるような、刺激を与えられそうな存在がいるのかどうかということだ。

 大山悠輔(白鴎大)内野手や石井一成(早稲田大)内野手は2位で指名できればと思っていたが、残念ながらウェーバーで最後から2番目のウチの段までは残っていなかった。ヨソもこれだけ高い評価をしていることからも野手の候補自体が多くなかったことが見て取れるが、だからといって二人を1位指名できるかと問われれば、なかなか悩むところではあるし、そうすると(1位指名した)堀君は逆にウチの2位指名の段までは残っていなかっただろう。
 そのあたりの兼ね合いや駆け引き、二者択一となった場合どちらを優先するかの判断を求められるケースが、豊作といわれる割には例年よりも多かったのではないだろうか。

 「その年に最も素晴らしいと評価した選手にいく」というのがウチのドラフトに臨むにあたってのポリシーだが、夏の終わりの段で今井達也(作新学院)投手の1位指名は確定していた。県予選やU18アジア選手権、国体など前後の出来に比べて「甲子園が出来すぎ」と見る向きもあったが、確かに大舞台がいつも以上の力を“確変的”に発揮させていた部分はあるだろう。ただ、それを割り引いても素材として魅力溢れるのは間違いない。甲子園後のU18で大学日本代表との壮行試合で見せた快刀乱麻(2回5奪三振)の投げっぷりを観て、「今井君が今年の最も優れた選手」と評価し1位でいこうと決めた。残りクジに福はなく縁がない形となったが、今井君には是非プロの世界で長く活躍してほしいものだ。

 今井君の抽選に外れた段で佐々木千隼(桜美林大)投手や小野泰己(富士大)投手あたりが残っていたが、チーム事情と照らし合わせても堀君がどうしても欲しいということで繰り上げて外れ1位指名させてもらった。むしろ夏の甲子園後にどんどん伸びているのが魅力で、高卒だがリリーフでならば早い段階で活躍できると見込んでいる。欲をいえば即戦力に近い左がもう一枚ぐらい欲しかったが、例えば今年入団した上原健太あたりと比べて、上回るようなスケールや力を持った候補がいたかというと微妙なところ。であれば現有戦力の底上げをしたほうが得策という判断をして、闇雲に左腕指名するようなことは避けさせてもらった。

 育成も含め高校生投手の指名が多くなったのは、投手陣に来シーズン24歳以下の選手が他のポジションに比べてもかなり少ない(来年3年目の石川直也と立田将太のみ)というバランス面の考慮もあった。特に今年は素材の良い高校生投手が豊富なので多数指名する運びとなった。
 島君は剛腕と呼ぶに相応しい本格派だし、才木君は体格に恵まれ腕の畳みと肘使いの良さには非凡さが感じられる。高野君は春先に故障していたのであまり名前が出てこなかったが夏に復調したのは確認済みだ。出雲商というと広島のかつての名投手・大野豊氏の出身校だが、高野君の鋭い腕の振りからの投げっぷりの良さはどちらかというとお隣り鳥取出身の川口和久氏のほうが重なるだろうか!?下位のロマン枠やオマケ指名ではなく、しっかりと評価していることを表すためにも6位以内で指名したかった選手だ。
 育成の大竹君も当初は8位指名の予定だったが、上位で予定していた大学生野手が獲れなかったことで急遽笹川君を指名することになったため育成にスライドした。だが、育成3位の伊藤君ともども140㌔前後の速球の球質には目を見張るモノがある。

 内野手は米麦君と福武君の二人。米麦君はドラフト候補として俎上にあまり上がってきてないため、当初はもっと下の順位でもと考えていたが、高野君同様評価していることを示すためにこの順位での指名をした。といっても指名後の他球団の反応を見る限り、順位を下げていたら取り逃していた可能性があったかもしれない。今仮想ドラフトに臨むに当たって、野手で最も欲しい選手だっただけに交渉権を得ることができて安堵している。福武君は米麦君が指名できなければ同じ順位で代わりに指名するつもりだった。脚力が魅力で、選抜で広島の田村恵スカウトが賞賛していたことが凄く脳裏に残っていたのでリストアップした次第だ。

 唯一の社会人からの指名となった板東君は、ここにきて各方面で取り沙汰にされ評判も上がってきているだけに、この順位まで残っているとは思わなかったが、豊作年の恩恵を受けることができたというべきか。3位で指名した畠君ともども来年即戦力でといったような過度な期待は禁物だが、2、3年後、今年ブレイクした高梨のように出てきてくれればと思う。
 畠君もこの秋の故障で各球団が慎重になったようだが、元々は1位級の能力を有する投手。直前の登板では復調具合を示してくれたし、来年は開幕から問題なく働けるのでは!?

 今仮想ドラフトの結果を自己採点するならば75点といったところか。高校生は欲しい選手が概ね獲れたが、1位の今井君を取り逃がしたこと、外れ1位でもしかしたら山岡泰輔(東京ガス)投手が残っているのではないかと踏んでいたがその読みも甘かったこと、大山&石井に加え、下位指名を予定していた田中和基(立教大)外野手も獲ることができなかったことが反省材料だ。両打席本塁打が狙える田中君は、まさにロマン枠として評していた選手で“二刀流”に代表されるウチのチームカラーにもピッタリだと思っていただけに本当に残念だ。

 日本ハムのチーム理念の根幹にあるもの。それは『スカウティングと育成』という二つの柱だ。これは今までも、そして、これからも変わることはない。我々スカウトはそこに見合った選手を見極めて、来年以降も獲得していくことになるだろう。

※個人寸評は実際のドラフト会議終了後あたりにUPします

 今年も皆様と楽しいひとときが過ごせて光栄でした。ありがとうございました!
 
 

【千葉スポ】ドラフト裏話!編集者スカウトは補強ポイントをこう考えた

 投稿者:編集者(千葉ロッテ)  投稿日:2016年10月16日(日)08時35分42秒
返信・引用
  16日、千葉ロッテ・編集者スカウト部長が滞在先のホテルで報道陣を前に、前夜に行われた「2016仮想ドラフト」を振り返った。

「会議は生き物だね。情報が少ない分、どの球団が誰を狙っているのか分からなかった。だから、獲りのがした選手もいれば、繰り上げた選手もいるし、この順位まで残っているの?という選手もいた。今年のうちのテーマは『選手層を厚くする』。66人の支配下登録選手がいて、現状9人が引退もしくは自由契約。中でも固定できなかった二塁、三塁は重点補強ポイント。ついでいうと、年代別の穴でいうと補強ポイントは、大学年代の左腕、高校生捕手、高校~大学年代の右打ち内野手、大学年代の左打ち内野手、高校~大学年代の右打ちの外野手。高校生捕手は不作の年なので、それ以外の補強を考えてドラフトに臨んだ。

【編集者スカウトの事前のシュミレート】
1位→寺島成輝(履正社高)or 高橋昴也(花咲徳栄高)
2位→鈴木将平(静岡高)
3位→濱口遥大(神奈川大)or 大山悠輔(白鴎大)or 古谷優人(江陵高)or水野滉也(東海大北海道)
4位→松本桃太郎(仙台大)or 中山悠輝(東京ガス)
5位→藤嶋健人(東邦高)
6位以下→山崎颯一郎(敦賀気比高) 、佐竹功年(トヨタ自動車)

【現実仮想ドラフト結果】
1位  寺島成輝 投手 履正社高
2位  古谷優人 投手 江陵高
3位  中山悠輝 内野手 東京ガス
4位  水野滉也 投手 東海大北海道
5位  松本桃太郎 内野手 仙台大
6位  岡﨑大輔 内野手 花咲徳栄高
7位  佐藤拓也 外野手 立教大
8位  佐竹功年 投手 トヨタ自動車
育1位 岡下大将 内野手 福島ホープス
育2位 園田涼輔 投手 長田高
育3位 江村伊吹 投手 北越高
育4位 バンゴーゼム・ゲレック高 投手・内野手 帝京長岡高
育5位 大竹樹希哉 投手 一関学院高

寺島を獲得できて、2位でヤクルトの前まで、鈴木も高橋も名前が出ていなかったから、行けると思いきや、ヤクルトに鈴木を、西武に高橋を獲られ、呆然。そこで「左腕に手が早い」皆さんを牽制し、2位を古谷か濱口に繰り上げることに。3位以降では、大学、社会人の内野手を獲得予定だったので、寺島と同年代の左腕の方が切磋琢磨し合える+親戚が同じチームというところで古谷に決定。3位の中山に関しては、大山、石井(早稲田大)が予想よりも早く消え、内野手の人材不足から早くに消えてしまうのではないかと疑念を抱き、右の内野手が補強ポイントだったので他に獲られないように繰り上げ指名。逆に4位の水野は3位までで消えると思ったので、びっくり。5位の松本はほぼシュミレーション通り。6位、7位は、この順位まで残っていると思わなかったので、ラッキーでした。そして8位の佐竹。ドラフトに旬があるなら、今まさに最盛期。33歳とプロでは長くないと思うけど、二木をはじめ若い投手陣のお手本になってほしいという意味を込めての指名だった。育成は、パンチ力のある右打ちのショート、山崎が獲れなかったのでクレバーな右腕。そして私の地元、新潟出身の左腕を3人。いい指名ができたと思う。

でも今回は、鈴木(静岡高)だね。左の若い外野手はいる(脇本・肘井)んだけど、それでも獲得したいと思わせたあのミート力。2位で行けると思ったんだけど、甘かったね。そして、藤嶋も読みが甘かった。右打ちの高校生外野手で、リスト最上位だったけど、新聞報道(現実)が下位だったから、左腕と内野の補強を優先してしまった。ここは悔やまれる。点数?どうだろうな…寺島は当てたし、最低限の補強ポイントは押さえられたけど、2位以下が後手後手に回ったことを考えると80点くらいじゃないか?やはり、むずかしいね」
※個人寸評は後日

http://www.hb-nippon.com

 

第7回育成選択希望選手

 投稿者:緑(東京ヤクルト担当)  投稿日:2016年10月15日(土)23時11分40秒
返信・引用
  【中日】7位 選択終了
【東京】7位 選択終了
【西武】7位 森山 孔介 内野手 藤沢翔陵高
【千葉】7位 選択終了
【読売】7位 選択終了
【日本】7位 選択終了

最後の西武も7巡目で選択終了。
22時54分、閉会宣言があり、2016年仮想ドラフトが終了した。
みなさま、今年もお疲れ様でした!!
 

第6回育成選択希望選手

 投稿者:緑(東京ヤクルト担当)  投稿日:2016年10月15日(土)23時08分25秒
返信・引用
  【日本】6位 選択終了
【読売】6位 選択終了
【千葉】6位 選択終了
【西武】6位 打田 雷樹 投 手 日本航空石川高
【東京】6位 選択終了
【中日】6位 選択終了
 

第5回育成選択希望選手

 投稿者:緑(東京ヤクルト担当)  投稿日:2016年10月15日(土)23時06分4秒
返信・引用
  【中日】5位 選択終了
【東京】5位 太田  龍 投 手 れいめい高
【西武】5位 種市 篤暉 投 手 八戸工大一高
【千葉】5位 大竹樹希哉 投 手 一関学院高
【読売】5位 草海 光貴 内野手 上田西高
【日本】5位 選択終了

東京ヤクルトが選択終了となった。
 

第4回育成選択希望選手

 投稿者:緑(東京ヤクルト担当)  投稿日:2016年10月15日(土)23時01分51秒
返信・引用
  【日本】4位 選択終了
【読売】4位 安江 嘉純 投 手 石川ミリオンスターズ
【千葉】4位 バンゴーゼム・ゲレック高 投手・内野手 帝京長岡高
【西武】4位 郡  拓也 捕 手 帝京高
【東京】4位 入江 大生 内野手 作新学院高
【中日】4位 選択終了
 

第3回育成選択希望選手

 投稿者:緑(東京ヤクルト担当)  投稿日:2016年10月15日(土)22時57分46秒
返信・引用
  【中日】3位 選択終了
【東京】3位 鶴田 圭祐 投 手 帝京大準硬式野球部
【西武】3位 清水 隆哉 外野手 京都国際高
【千葉】3位 江村 伊吹 投 手 北越高
【読売】3位 長谷川宙輝 投 手 聖徳学園高
【日本】3位 伊藤 翔  投 手 横芝敬愛高

日本ハムも終了となった。
 

第2回育成選択希望選手

 投稿者:緑(東京ヤクルト担当)  投稿日:2016年10月15日(土)22時50分23秒
返信・引用
  【日本】2位 福武  修 内野手 東海大甲府高
【読売】2位 尾仲 祐哉 投 手 広島経済大
【千葉】2位 園田 涼輔 投 手 長田高
【西武】2位 中尾 輝  投 手 名古屋経済大
【東京】2位 鈴木 昭汰 投 手 常総学院高
【中日】2位 山崎 悠生 投 手 群馬ダイヤモンドペガサス

中日が選択終了となった。
  
 

第1回育成選択希望選手

 投稿者:緑(東京ヤクルト担当)  投稿日:2016年10月15日(土)22時34分56秒
返信・引用
  参加球団は、中日・東京・西武・千葉・読売・日本の6球団が参加表明。

【中日】1位 五十幡亮汰 内野手 佐野日大高
【東京】1位 アドゥワ誠 投 手 松山聖陵高
【西武】1位 松田 進  内野手 中央大
【千葉】1位 岡下 大将 内野手 福島ホープス
【読売】1位 山川 和大 投 手 兵庫ブルーサンダーズ
【日本】1位 大道 温貴 投 手 春日部共栄高
 

第10回選択希望選手

 投稿者:緑(東京ヤクルト担当)  投稿日:2016年10月15日(土)22時27分46秒
返信・引用
  【オリ】10位 選択終了
【中日】10位 選択終了
【楽天】10位 金子 凌也 内野手 法政大
【東京】10位 高橋 雄輝 投 手 信越硬式野球クラブ
【西武】10位 手銭 竜汰 外野手 日本通運
【阪神】10位 浜元 航輝 外野手 神奈川大
【千葉】10位 選択終了
【横浜】10位 選択終了
【福岡】10位 選択終了
【読売】10位 選択終了
【日本】10位 選択終了
【広島】10位 選択終了

22時23分、全球団が選択終了となった。
続いて仮想育成ドラフトが開始される。
 

レンタル掲示板
/63